幸せな音

【ひみつの姫君うわさの王子】【狼陛下の花嫁】二次創作サイト。2012/1/12/開設
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 4000hitありがとうございますTOPその他 ≫ 4000hitありがとうございます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

4000hitありがとうございます

つい1ヶ月前に3000hitを突破したと思ったら、もう4000hit突破してました^^
ありがとうございます~><
たいして更新もしていないのに…カウンターを見る度に驚いております。
本当に遊びに来て下さる貴女様のおかげです。
お礼にSSとして、LaLa6月号のあるシーンの妄想話を。
ネタバレ含みますので閲覧注意。
※甘さはないです。

陛下×夕鈴(偽夫婦)

『お泊まり』
黎翔×夕鈴(偽夫婦)

「今夜はここに泊まっていくといいよ」

黎翔と話をするために宿に来たものの、あちこちの道路の整備の関係で、家に戻るための道の閉門の時間に間に合わせることができず、夕鈴は黎翔の部屋に一晩泊らざるを得なくなった。
今日は――というより下町に戻ってきてから黎翔は夕鈴を「赤の他人のお嬢さん」として数々のイヤガラセをしかけてきた。
今から他の部屋を取ろうにも、今日はどの部屋も満室だと黎翔は教えた。
そんな黎翔から泊まるよう言われ、逃げ道を閉ざされた夕鈴は目の前の人物に警戒心剥き出しの目を向けた。
「僕と一緒にいるの、そんなにイヤかな」
「あ、そーゆーんじゃなくてですねっ」
しゅんとへこんだ様子で尋ねる黎翔を前に、夕鈴は否定しようと両手を胸の辺りで振ると――
「それならほら、こっち座りなよ。もう少し話がしたいだけだから、ね?」
左手首を掴まれたかと思うと、いとも簡単に寝台に押し倒された。
さっきまで立っていたのに、一秒後には自分の体を受け止めているのは少し固い感触の寝台だった。
そして顔を上げた先にあるのは黎翔と、その背後にある天井。
ほんの一瞬の出来事で、夕鈴は状況を飲み込めず、パニックに陥る。
また、なんとか逃げようにも、片方の手首だけを制御されたにもかかわらず、夕鈴は身動き一つできない。
「ちょっ離っ」
「まあまあ、そんな今すぐ出てっちゃそーにしないで」
ニコニコとした小犬の笑顔と、逃げるのを許さないような、動きを封じる行動の相反する矛盾。
この状況を打破するには、そもそもどうしてこうなったのか、それを尋ねるしか道は残されていない。
「……っ、陛下、もしかして怒ってるんですか?」
「…怒ってなんかないよ? ――世の中は狼ばかりだと優しい君に少し教えたいだけだ」
「っ」
蕩けるような極上の微笑みに、心地よく耳に届く狼の声。
狼の紅い瞳に捕らえられ、夕鈴は自分を見つめるその目から視線を逸らすことができない。
声と、瞳と、狼のまとう妖しい雰囲気に圧倒されてしまう――。
「――…というわけで、イヤガラセできたし、僕行くね」
「え」
一秒にすら満たない瞬きの間に、狼の甘い笑みは小犬の可愛らしい笑顔に戻った。
掴んでいた手をするりと離し、寝台から降りて側にかけていた上着を羽織る。
「一人で泊まる分には問題ないでしょ? あ、支払いは済んでるから」
振り向きながら有無を言わせないよう、一息に喋る。
「え、あの陛下は」
「一晩くらいその辺で何とかなるよ。じゃ」
追いかけようにも腰が抜けてしまい、夕鈴は寝台から降りることができない。
「あっ待っ」
せめてもの動く手を伸ばしたが、当然届かず空虚をさ迷うというなんとも間抜けな形になってしまった。

「な、何なのよ、もう……」
部屋に一人残された夕鈴は顔を真っ赤にして困惑の表情を浮かべた。
下町に戻ってきたのが最近だったために整備の件を知らなかったとは言え、予想だにしない事態に巻き込まれるとは考えもしなかった。
なぜ下町に戻っても、黎翔といるとこうしたトラブルに巻き込まれるのか、考えて少し落ち込んだ。
――その辺で何とかするとは言っていたが……黎翔は今夜どこに泊まるのだろう。
それはそうと、昨日はここに泊まったのだから当然この寝台を使ったに違いない。
……すると、寝具もそのままなわけで…。
「…え、待って。ということは…」
部屋は安い宿らしい簡素とした狭い構造で、こぢんまりとした机と椅子のセットの他には、現在夕鈴が座っている寝台しかなく、後宮の自分の部屋にあるような長椅子などはもちろん置かれていない。
つまり、今夜は黎翔が使った寝台で寝なければならない。
行き着いた事実に気付いてしまった夕鈴はその夜、散々逡巡した後に寝台に入った。
が、眠りにつこうにもつい使用者の黎翔を意識してしまい、その夜はなかなか寝付くことができなかった。
「あぁ、もう眠れない…陛下のばか…!」

------------------
あのくだりを読んだ時は、絶対夕鈴はすぐに寝つけなかっただろうなと思いましたよ(笑)
お礼なのに甘さがなくてすみません。
読んでくださってありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。