【ひみつの姫君うわさの王子】【狼陛下の花嫁】二次創作サイト。2012/1/12/開設

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

幸音

Author:幸音

サイトについて
<幸せな音>は管理人 幸音(ゆきね)による本誌ネタバレ感想と二次創作のサイトです。 『狼陛下の花嫁』の黎翔×夕鈴、『ひみつの姫君 うわさの王子』のイジー×アルディーナ、ぬるめですが、それぞれの年齢制限のある話も書いてます。年齢制限の話はパスワード必須です。入力画面での注意事項を必ずお守りください。 当サイト作品は全てフィクションです。実在の人物、団体、事件、史実などには一切関係ありません。原作が大好きです。著作権侵害を目的とせず、原作者様、出版社様とは一切無関係の自己満足個人サイトとなります。 更新はオフ優先ですので、基本的に不定期です。本誌ネタバレ感想は書きますので、最低月1の更新になります。 励みになりますので、よろしければ拍手やコメントしてやってください。何かございましたら拍手コメントやメールフォーム等にて。 拙い文章ですが、少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。
最新記事
カテゴリー
リンク
検索フォーム
訪問者数
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触れた指先にうずく熱

8000hitお礼SS
お題サイト様:確かに恋だった
指に触れる愛が5題:触れた指先にうずく熱

イジー×アルディーナ(婚約中)
『指に、そっと』の続き

 
手を繋ぎたいと強く思ったおかげか、自分の指が彼の指に触れたことで、結果として繋ぐことができた。
イジーは何も言わずに、アルディーナの手を引き寄せてくれた。
その代わり、前を見つめていた視線をアルディーナに向けた。触れただけで察してくれたことが、口に出さなかった願いを叶えてくれたことが嬉しくて彼に向かって微笑む。
それを見たイジーは少し照れくさそうにし、繋いだ手を握り返した。
彼と育む小さな幸せに包まれたアルディーナは繋がれた手を確かめる。
自分の指に絡まる細長い指。
この手がいつも引っ張ってくれる。
一人で躓かないように。そして、アルディーナの行く先を示してくれるように。
好きな人と手を繋ぐことがこんなにも嬉しくて、涙が出るほど幸せなことだと知らなかった。
婚約を知らされた頃、憐れみの視線を受けて自棄になったのが嘘のよう。
繋いだ手の感触。触れた指先。
そこにある温もり。優しさ。
ほのかに灯り疼く熱は、とても心地のいいものとなっている。

--------------------
この初々しいカップルには、熱よりも温もりという柔らかな単語が似合うと思う。

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://shiawasenaoto.blog.fc2.com/tb.php/700-06156bb9


RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。