【ひみつの姫君うわさの王子】【狼陛下の花嫁】二次創作サイト。2012/1/12/開設

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

幸音

Author:幸音

サイトについて
<幸せな音>は管理人 幸音(ゆきね)による本誌ネタバレ感想と二次創作のサイトです。 『狼陛下の花嫁』の黎翔×夕鈴、『ひみつの姫君 うわさの王子』のイジー×アルディーナ、ぬるめですが、それぞれの年齢制限のある話も書いてます。年齢制限の話はパスワード必須です。入力画面での注意事項を必ずお守りください。 当サイト作品は全てフィクションです。実在の人物、団体、事件、史実などには一切関係ありません。原作が大好きです。著作権侵害を目的とせず、原作者様、出版社様とは一切無関係の自己満足個人サイトとなります。 更新はオフ優先ですので、基本的に不定期です。本誌ネタバレ感想は書きますので、最低月1の更新になります。 励みになりますので、よろしければ拍手やコメントしてやってください。何かございましたら拍手コメントやメールフォーム等にて。 拙い文章ですが、少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。
最新記事
カテゴリー
リンク
検索フォーム
訪問者数
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時花嫁の憂鬱

夕鈴視点
冒頭に54話のネタバレあります
それを前提にした妄想&捏造短めSS

 
「キライなわけないでしょう!? 大好きですよ!!」

会話の流れからあまりにも突然すぎる告白をした直後、夕鈴は長い髪を振り乱して全速力で走っていた。
(あああああ!! なんであんなこと言っちゃったの、私ってば! バイト妃として絶対やっちゃいけない失態じゃない!!)
未だに自分でも信じられない。
バレないようにと必死に隠していた気持ちを、あんな形で自ら口にするとは。
夕鈴は後宮の自分の部屋へ近づくにつれ、女官の目があることに気づいて速度を緩めると息が上がった。
とぼとぼと歩きながら先程吐露した自分の言葉を反芻する。
(変な意味じゃないってごまかしたけど、どう考えても不自然だったわよね……)
自分の部屋に入ると侍女達が出迎えたが、夕鈴の気落ちした様子を察したのか、優秀な彼女達は何も言わずにそっと部屋を後にした。
気遣われてまた少し落ち込んだ。そのまま夕鈴は寝台に腰かけて、横になった。弾力性がちょうどよい布団に体が沈んでゆく。
「すきですからね」――思い出して身悶えしながら拳で布団を叩く。
(ううう……陛下、びっくりしてた……当然よね……)
あんな風に言うつもりなんて微塵もなかった。いや、本来ならば口にすることすら許されないことだ。
(ああ、明日……ううん、今晩どんな顔して会えば――)
今は会いたくないのが正直なところだ。けれど、あんなことがあったからこそ会わなければ余計に不審に思われて、言い訳をした意味がない。
思考が落ち着かないまま、ふとある考えにたどり着く。
(…………これ、もしかしなくても李順さんにバレる方向になるのかしら……)
恐ろしいことに気づき、一転して、顔が青ざめてゆく。あの上司のことだ、即刻クビの判断を下すに違いない。恋をしてはいけない相手に恋をした時から今までずっと恐れていた事態を、自分で招いたのだ。
(ど、どうしよう、誰にも相談できない……!)
夕鈴は、黎翔にも会いたくなくて、上司にバレたくないという二重の憂鬱を味わった。

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://shiawasenaoto.blog.fc2.com/tb.php/743-412d7fb8


RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。