プロフィール

幸音

Author:幸音

サイトについて

<幸せな音>は管理人 幸音(ゆきね)による本誌ネタバレ感想と二次創作のサイトです。 『狼陛下の花嫁』の黎翔×夕鈴、『ひみつの姫君 うわさの王子』のイジー×アルディーナ、ぬるめですが、それぞれの年齢制限のある話も書いてます。年齢制限の話はパスワード必須です。入力画面での注意事項を必ずお守りください。 当サイト作品は全てフィクションです。実在の人物、団体、事件、史実などには一切関係ありません。原作が大好きです。著作権侵害を目的とせず、原作者様、出版社様とは一切無関係の自己満足個人サイトとなります。 更新はオフ優先ですので、基本的に不定期です。本誌ネタバレ感想は書きますので、最低月1の更新になります。 励みになりますので、よろしければ拍手やコメントしてやってください。何かございましたら拍手コメントやメールフォーム等にて。 拙い文章ですが、少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。

最新記事

カテゴリー

リンク

検索フォーム

訪問者数

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最新トラックバック

  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

鎖骨を甘噛み

お題サイト様:確かに恋だった
選択式844:鎖骨を甘噛み

黎翔×夕鈴(偽夫婦)
第47話の妄想分岐点
 
黎翔は夕鈴を横抱きにして、部屋の奥にある寝台へと歩を進める。
逞しい腕に抱かれていた夕鈴はすとんと寝台に座らされ、黎翔が距離をぐっと詰めた。今度こそ逃げ場を失った。そして、夕鈴の鼓動が逸るのを知ってか知らずか、彼は狼陛下へと変貌する。
「……君がいやがることなら何もしない。……続けるか?」
余裕を含めた意地悪な微笑みを向けられ、夕鈴はその笑みを自分への挑戦と受け取ったらしい。やがて上目遣いで睨んだ。
「どうぞお好きになさっては?」
こうして兎は自ら皿の上に載ったのだ。
少し様子見しようと考えていた黎翔であったが、それではと無遠慮ながらも優しく指先や額に口づける。ここまですればすぐに音を上げそうだったが、夕鈴は赤面するばかりでなかなか折れない。
それにもかかわらず指先がぷるぷると小刻みに震えているが、それは拒絶の意を感じさせない。泣くわけでもなく、耐えている様子があまりにも不憫で愛らしく感じた黎翔は、思わぬ行動に出たのである。
彼は、寝そべっている夕鈴の着物の襟をごくわずかにではあるが開(ひら)けたのだ。それでも夕鈴は拒まない。
乱れた襟から覗く白い首筋はひどく艶めいており、気づかれないように喉を鳴らす。露になった鎖骨に誘われ、指を這わしてそれをなぞる。
わずかにぴくりと身を捩らせたが、夕鈴はぎゅっと目を閉じたままである。
さらに不思議なことに抵抗する気配もない。
何がそこまでさせるのか。
どこまでなら許される範囲なのかを判別するのは困難だ。夕鈴の反応はいつだってこちらの予想の斜め上をいくのだから。
彼女が何も言わないのをいいことに、彼は顔を近づけさせる。そして眼前の鎖骨に歯を立て――噛んだ。
「……ひゃああああっ!?」
それまでじっと耐えていた夕鈴は、噛まれたことに驚いて悲鳴を上げながら体を起こした。人払いをしていなければ、悲鳴を聞きつけた女官達が一斉にかけつけていたに違いない。
「なっなっ」
パニックのあまり言葉にならない夕鈴であったが、理性から咄嗟に襟を正した。
彼女は警戒心を剥き出しにしようとしたが、時既に遅し――あっという間もなく黎翔に抱きしめられた。抗う隙さえ与えられず、距離が縮まる。
「へ、陛下! いくらなんでも悪ふざけが過ぎますよ!?」
「何を言ってる? 君が私を煽ったんだ」
「あおっ……!?」
「私に好きにしろと言ったのは紛れもなく君だろう?」
顔を寄せてわざと耳元で指摘する。さらに黎翔は抱き寄せた手と反対側の手で、夕鈴の髪を手遊(てすさ)びに梳いた。
「言いましたけど……!」
言い返すことができないのは、黎翔の言うことが正論だからである。自分の発言を撤回したくなる。
だが撤回したからと言って、先程受けたばかりの甘やかな痛みは遡及して、なかったことにはならない。
噛まれた鎖骨。
それを、正した襟の上から自分の指でそっと撫でる。すると、一方的に与えられた感触が一瞬にして蘇り、羞恥が駆け巡ってゆく。自分の発言が招いた事態を後悔し、ようやく降参する。
黎翔の前で迂闊なことを言ってはならない、と今更ながら基本的な事柄を固く心に誓った夕鈴であった。

------------------
第47話のあのシーンの分岐点を書いてみました。
こちらのカップルで白旗を上げるのはだいたいが嫁ですね。
スポンサーサイト

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。