幸せな音

【ひみつの姫君うわさの王子】【狼陛下の花嫁】二次創作サイト。2012/1/12/開設
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 第43話ネタバレ感想TOPネタバレ感想 ≫ 第43話ネタバレ感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

第43話ネタバレ感想

早く読んでいたのに感想が遅くなりました
8巻は4/5に発売するそうです
おまけが楽しみですね

 
さて、前回の続き。
夕鈴命名、キラキラピクニック開催中。
貴族のお嬢様達を集めたわけですが、夕鈴に挨拶に来る彼女らの反応はというと、怪訝な顔をする、生暖かく笑われる、見下した目で見られる……というように「コレが狼陛下の寵妃!?」と疑う視線を向けられます。と言うのも、陛下が縁談避けのための話を盛り込むから皆、夕鈴がものすごい美人だと思っているようで。紅珠の書いてる小説でも誰?というくらい別人設定ですもんね。
居心地悪く感じつつ、妃と言っても表向き、実際は口づけがなかったことにされるバイト妃、と荒んでます(笑)ショック受けつつ怒ってます夕鈴。

一方陛下は陛下で相当機嫌が悪く、柳大臣から後宮の人員増加を勧められたり。夕鈴と喧嘩していると思われている模様。
彼が去った後にぽつりとこぼしたのは「大切に、と思うものほどうまくいかんな」もうこれを何度繰り返してるんでしょうね、この人は。
事情を説明されない李順さんは怪訝そうに見てます(笑)
そこへ現れたのは周宰相。瑠霞姫の夫が近日中に白陽国へ訪れるそうですよ。どんな旦那様なんでしょうね。
そして周宰相は「瑠霞姫は昔から自由気儘に見えて常に他者の反応を見るような姫であった」と残しました。どういうことでしょうこれは。

そして再び場面はピクニック。令嬢達から離れて夕鈴は紅珠とお喋り。紅珠が自身の創作のために話を聞き出していて可愛らしいです。が、そこへ瑠霞姫が夕鈴を舟遊びに誘います。周りが美人ばかりゆえ、夕鈴は場違いだと感じてましたね。李順さんにフルメイクしてもらってたら美人度上がってたと思うのに^^;

舟の上で瑠霞姫から冷たい微笑みと共に、『狼陛下の花嫁』に関する噂を聞かされた夕鈴。その内容は『王を誑かし寵愛を欲しいままにして下位の妃が王宮をめちゃくちゃにしている』『狼陛下の花嫁は後宮の悪女』――そんな内容の手紙が瑠霞姫宛てに送られたそうで。送り主は方淵の兄による仕業。これバレたら陛下に殺されない……?
それから瑠霞姫は続けて『王は妃との上に立つ者としてしかるべき立場の女性を正妃に迎え早く後宮を整えるべき』と後宮の外では皆思っていると。陛下の心変わりもあるかも、と。これは夕鈴から見れば夫の血縁者からの嫁へのダメ出しと捉えたようです。私には脅しに見えましたが……。
『バイト妃』として役目を果たそうと、瑠霞姫に向かって「今までもこれからも変わりなく心ひとつであの人の味方です」――モノローグでは『あの人は手の届かない人 だけど側にいたい人 嘘とか演技とかもともと全部苦手だわ』と、台詞も表情も心の中も全て本音だと画面から伝わってきました…恋する乙女の健気さったら!真正面から告げられた瑠霞姫が虚を突かれた顔になってます。脅しにびびらない、そこらへんの貴族の女の子とは違うと認められたかな…?

すると岸辺ではなんと陛下が馬に跨がって登場。お嬢様達の密やかな会話から、なんとこの交流会は実はお妃選びという噂が広まっていたらしいです。まぁ陛下の目に留まる以前に夕鈴の方へ一直線でしたが(笑)
陛下と瑠霞姫が久々に顔を合わせるや否や、不穏な空気が。夕鈴は陛下から後宮へ戻るよう言われるも、(今帰ったら逃げるみたい!)と思ったことに加え、口元を見て思い出してまたつんとした態度に。遠目に見てるお嬢様達が、口論?破局?修羅場?チャンス?とそわそわしていて……というかこの夫婦、人前で揉めたらダメじゃないですか。付け入る隙を与えるんだから。

「先日のことは私にとっても大したコトではありませんでしたから、もう覚えておりません!己の務めを果たさせてくださいませ」と拗ねる夕鈴に、陛下は声を低くして、怒るかと思いきや……まさかのキス!私、ここのページめくった瞬間、硬直してしまいました。これまで全部寸止めだったのに……!陛下は本当に他の女は眼中にないですね。瑠霞姫の思惑も外れました。
取り残された夕鈴は気絶に耐え、紅珠は「私は愛を目の当たりに…っ」と涙を溢れさせ感動にうち震えるという……。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。