幸せな音

【ひみつの姫君うわさの王子】【狼陛下の花嫁】二次創作サイト。2012/1/12/開設



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
第46話ネタバレ感想 :: 2013/05/25(Sat)

追記にて
今回は予定より1日遅れましたがアップできました

 
冒頭からいちゃつく演技でした。
でもその様子はどこかおかしく……?

「なんだか夕鈴がおかしい」
その一言から陛下が李順さんに相談(?)を持ちかけました。
と言うのも、最近は演技中夕鈴自ら身を預けることがあって、それは陛下にしてみれば「少し困る」とのこと。
可愛くて仕方ないんでしょう。よく理性保てるなぁと感心します(笑)
溜息つきながら悩む陛下の表情が新鮮でした。毎回こんな話をしていて埒が明かないので、李順さんは傾向のよろしくない陛下にある提案を。

「なんだか陛下がおかしいの」と語るのは掃除婦姿の夕鈴。
相談相手の浩大が「元々じゃね?」と答える流れ、先程の李順さんと同じ反応なのが面白かったです。
最近陛下の帰りが遅いけど、仕事という感じでもなく聞くと言葉を濁される……横から老師が「女じゃな」と横槍(笑)
けれど、夕鈴が思っているように王宮でどうやって浮気するのか。
疑うものの何も言わずじーっと見つめ、陛下は小犬顔でしょんぼり。そんな小犬陛下にときめく夕鈴。
コテンともたれかかる夕鈴と花が舞うほど嬉しそうな陛下の構図がツボで、むしろ私がときめきました。

王宮にて。
悶々としながら陛下を見つめる夕鈴が可愛すぎます!こんな可愛い嫁に見つめられたい!
久々に方淵が登場。のっけから嫌味炸裂(笑)
しかも夕鈴の聞き込みで、陛下に似合う女性は?との質問に「清く正しく美しく賢く教養があり機転がきき何においても優れ、出しゃばることなく影から陛下を支える慎ましやかな女性」と熱弁。
ただし、その条件らしい条件を満たさない“妃”である夕鈴に対して素直じゃない助言を。陛下以外の人間に対して平等に接する方淵の姿勢はさっぱりとしていて、とても好ましいです。

そして場面は移り後宮。
夕鈴は自ら線を引く発言を。ただ、自然に振る舞おうとして逆に不自然になるという……。
個人的にツボだったのが
夕鈴「陛下ってモテますよね!」
陛下「!? え? …いやべつにモテないよ?」
夕鈴「あっ そーゆーしれっとした嘘はいいんで!!」
陛下「!?」
このくだりです(笑)
夕鈴が容赦なく切り捨てるところが堪らなかったです。
そしてそして。上のくだりから陛下が膝だっこしながら狼陛下の声色で問い質すのですが、密着してて良いですね!
自分の浮気を疑う夕鈴に「今度直接見に来る?」と、まさかの提案を。
後日(たぶん翌日?)、浩大に連れられて見せられた“浮気現場”は、以前下町で出会った徐克右との訓練という名のストレス解消。
浩大曰く、陛下とやりあえる相手は少なくて陛下もやりあえるのが楽しいとのこと。うん、かなりゴツい浮気相手でしたね(笑)
それから、やはり克右とは昔からの顔馴染みだそうで、昔は軍部寄りの王様だったとか。デスクワークより体動かして戦う方が好きですし、そんな感じしますね。

“いくらでも出てくる陛下の知らない顔 怖くて甘い狼陛下を演じる優しくて遠い王様 ――本当はもっと近くに――”
これは夕鈴のモノローグですが「近くに」の続きは何でしょう。「近くにいたい」とかですかね?
遠い距離にいるのに陛下と目が合い、逃げようにも追いかけられること必須なのでその場で待つ夕鈴。
誤解が解けたものの、荒っぽい場面を見て嫁に怖がられてないかしょぼーんと耳も垂れる陛下。
へこんでる様子の陛下に向かって夕鈴が「これくらいで怖がってたらこのお仕事務まらないじゃないですか!」と。しかも内心では怖いのではなくドキドキしてるから。
長く溜息をついてから陛下が告げたのは「君がそんなに『頑張れる』と言うならもう少し妃らしい仕事でもしてみるか?」
夕鈴が放った言葉はまた自ら皿の上に無防備に乗るようなものだったようですね。
それはともかく、“妃らしい仕事”がこれ以上あるんですか陛下!
スポンサーサイト
  1. ネタバレ感想
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<第47話ネタバレ感想 | top | 5月拍手・コメントお返事>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shiawasenaoto.blog.fc2.com/tb.php/789-52fd2b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。