幸せな音

【ひみつの姫君うわさの王子】【狼陛下の花嫁】二次創作サイト。2012/1/12/開設
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 第57話ネタバレ感想TOPネタバレ感想 ≫ 第57話ネタバレ感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

第57話ネタバレ感想

追記にて

 
表紙がカラーで、シリアスな雰囲気満載でした。
控えめな色使いがすごく好みです。

臨時花嫁のクビが決定した夕鈴は呆然としながら仕事へ行くと、陛下はいつもと変わらない甘い演技をする。
夜の後宮で事情を窺うと、クビはやはり陛下の方の都合。
陛下曰く、「王宮の方で後宮に関する口出しが増えて」「面倒なことが起こる前に一度仕切り直しをする頃合」であること、夕鈴の借金の残りは払わなくて大丈夫ということ。
バイト終了はもう決定事項で、夕鈴が何か言う権利はないこと。
急な話であるために夕鈴が出て行くのはすぐではないこと。
浮かべた笑顔は本心からのものではなくて、その裏には(あの時の陛下の鋭い瞳の意味も 私は問うことを許されていない)という切ない心が潜んでいました。

クビが決定してからの2人はというと、演技は甘いままで、小犬陛下になると優しすぎるという変化が見られているらしいです。
家出直後の甘やかしを思い出す程の優しさだとか。
さらに、陛下の挙行は夕鈴にとって理解不能なものに。
髪をくしゃくしゃにするコマがすごく好きですw夕鈴されるがままなのがいいですね。
「寒いねっ」と抱きしめたり。
(私がきけないでいる間に 私の知らない場所で 私の知らない理由で 何もかもを決めてしまった王様)
と不満はあるのにそれを出さずに怒らないのは、バイト終了を決めた陛下の方が寂しそうにしているから。
(しゃきっとしなきゃ 何のためにプロ妃だの演技向上だの目指してきたの 何があってもちゃんと演技をする …困らせたくない)
ここのモノローグで胸を締めつけられました……切なすぎる、夕鈴。
そんな夕鈴を見かけた方淵が(なんだあれは 気力のない…)と思うほど、夕鈴の気力とは裏腹な表情になっているそう。
そんな方淵は兄にばったり。偉そうにする兄だけど、弟に他人扱いされてさらに忠告されるのが面白いw
「生まれ育ちのろくでもない者がいつまでもここでやっていけるはずもないのに」と忌々しげに零すけれど、直後の台詞で「バカ」扱いされててもうw

そして李順さんが憂慮するくらい、今回の決定は突然のことだったらしく、今後の方針が決まってないのに辞めさせることが決定したらしいです。
「王宮の空気が急速に悪くなった …この先はさらに荒れる これ以上巻き込んでは『可哀想』だろう?」
李順さんが常々言っていた言葉を、陛下は(たぶん)初めて口にしたんじゃないでしょうか?
夕鈴のためを想って手放すなんて……両片想い好きな私にとってはすごくおいしい展開ですが、切ないなぁ。

溜息を零す李順さんの一言から発覚したのは、夕鈴が残った借金を地道に返済していくつもりだということ。
「やっぱここまできて陛下に甘えてしまうのは中途半端だなあって…」
「なんで君はしなくていい苦労を背負うとするんだ」
陛下の言葉に夕鈴はけろりと「己の責任を果たすのは普通のことです そもそも自分で作った借金です」
夕鈴らしいなと思いながら(それにそうしたら ほんのちょっとの繋がりが残る …とか我ながらバカなことを…)と未練を……。責任云々は夕鈴の本心の言葉に違いないけど、未練も夕鈴の本音同様。
「君はいつも僕から何も受け取ってくれない 君に苦労なんかさせたくない …君のためにできることなら何だってしたいのに」
(――うそつき だって側にいさせてはくれないでしょう?)
何か与えたい陛下と、口にするのを許されない願いを抱く夕鈴。
そして最終的に陛下が躊躇いながら口にしたのは「…君が望むのなら嫁ぎ先を融通することも…できるよ?」
これは地雷でした。ああ、もちろん夕鈴にとって、という意味ですよ。
「はあ?」とキレる表情が、陛下も見たことのない顔になっていました。うん、すごい顔……
キレられて「君に対する責任として最大限のことを考えようと思ったら」と弁解したら「夫の一人や二人 自分で何とかしますよ!!」と返す夕鈴。
「辞めた後そんなおかしな親切施されるくらいなら冷たくあしらわれた方がいくらかマシだわ!!」と涙を溜めながら睨みつけて……
「君はすごいな いつまでたっても変わらない 気が強くて意地っぱりで私相手でも…自分を曲げない」
「君の事だけはいつも いつも …うまくいかない」
徐々に小犬から狼に変化していく陛下が近づくせいで、夕鈴は壁際に追いやられます。
やがて頬に手を伸ばされ、「君に優しくしなくていいなら 私もどれほど楽だろうな?」
「怖い方が望ましいなら…それもよかろう どうせこれで失う」
……って何するつもりですか、陛下!?
R18な展開になりそうな雰囲気だと思うのは私の妄想が行き過ぎてるせいですよねきっと!(そしてこの健全な少女漫画的に絶対ありえない)
見下ろされてる夕鈴はまさに陛下に見惚れてる赤面顔ですが、陛下の台詞がものすごく意味深な感じで気になります!
前回の本能のままの狼に食べられそうになった展開とは違って、今回は理性保ってますもんね。
この引きでまた1ヶ月お預けは辛いです……!

とりあえず本誌はこういう展開ですが、来月はコミックス10巻とノベライズが発売しますし、そちらを楽しみにしましょうか。
10巻の表紙は枠有り続行で嬉しいし何よりラブラブ夫婦で可愛いし、「夢恋抄」の表紙は明朝体フォントと配置のせいか少女小説っぽい雰囲気で満足です。
スポンサーサイト

Comment

編集
「どうせこれで失う」の陛下の言葉が気になりますね。
とうとう狼陛下も本性だと話してしまうのでしょうか?
その時の夕鈴の反応は?!
色々と妄想しちゃいます(笑)
もう来月号まで待ち通し過ぎます!!
2014年03月28日(Fri) 11:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。