幸せな音

【ひみつの姫君うわさの王子】【狼陛下の花嫁】二次創作サイト。2012/1/12/開設
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 触れられる距離の貴方TOP黎翔×夕鈴SS ≫ 触れられる距離の貴方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

触れられる距離の貴方

お題サイト様:because
お題:触れられる距離の貴方

夕鈴視点
第58話妄想捏造SS

 
昨日まで一緒にいた人は、本来なら目にすることすら許されない、雲の上の存在。

高額賃金に釣られて応募したアルバイト。
採用されて始まったのは、縁談避けのための臨時花嫁生活。
出会った時は誰もが恐れる狼。
けれど直後に知った貴方の本性は優しい優しい性格の小犬。

春も夏も秋も冬も、巡る日々を共に過ごして――貴方への恋心を自覚して。
決して叶うことのない、けれど募る想いを隠そうと必死に努めたのに、勢いで口にして。
狼である彼もまた“彼”の一面だと知らされた後に口づけられて――突然の別れが訪れたあの日。
後宮を出るまで、何度も何度も、涸れるほどに繰り返し涙を流した。
騙されていた、というよりも、やっぱり貴方が好きだと改めて思うだけだった。

強制的に家に帰されてからは、監視がつくことを除いてはアルバイトを始める前の日々に戻った。
可愛い弟も、賭け事好きな父親も、明るい女友達も、騒がしい金貸し屋もいる日常に。
一庶民からすれば贅沢と言えるほどの着物を着て、美味しいものを食べて、優雅に微笑むのが仕事だった生活が嘘のよう。

貴方は今までの私の生活は悪い夢だと言った。
けれど、私の中では貴方の言葉や触れた手の優しさ、抱きしめる腕の力強さは、悪い夢でも、ましてや幻でもない、確かな現実だった。
貴方がくれたもの全てが嘘ではなかった。

少し前まで触れられる距離にいた貴方には、もう会えない。
私が誰かを想い続けるのは、後にも先にもきっと貴方だけ。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。