幸せな音

【ひみつの姫君うわさの王子】【狼陛下の花嫁】二次創作サイト。2012/1/12/開設
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ きみが幸せでいられますようにTOP黎翔×夕鈴SS ≫ きみが幸せでいられますように

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

きみが幸せでいられますように

お題サイト様:確かに恋だった
選択式1444:きみが幸せでいられますように

黎翔視点
第59話妄想捏造SS

 
明日、君は後宮から出て行く。
けれどそれは君の意思などお構いなしに、僕の独断で決めたこと。
本来ならば僕が手に入れられるはずのなかった幸せな日々は、偽りの夫婦関係の上に成り立っていた真似事だったけれど、君と過ごす中で交わした言葉はいずれも本物だった。
君はそれを演技で、嘘だと思っていたようだけど。
ただ、ひとつだけついた嘘は、冷たい瞳で君を見下ろして放った言葉の数々。
君との日々は僕の中では悪い夢などではなく、むしろ願望に近い夢だった。
名残惜しく唇を離した直後に涙を流す君を見つめて、このやりとりが嘘であってほしいと願ったのは紛れもなく自分。
なのに、これから起こるであろう――起こるに違いない王宮の争いに君を巻き込みたくないと思うのも本心であるのだ。
純粋な君に醜い色に染まってほしくなくてこの腕の中から突き放す僕を、どうか忘れてほしい。
王宮に来る前の生活に戻って、大事な弟や友人との日常を紡いでいってほしい。
実家に帰した君には監視をつけさせた。
本来の目的――臨時花嫁生活で知り得た情報が漏れないため――ではなく、ただ単に君が笑っているかどうかを知るために。
残りの借金を帳消しにして、僕との関わりひとつ残さないようにしたにもかかわらず、だ。
けれど願わずにはいられないのだ。僕の愛した君が幸せでいられますように、と。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。